So-net無料ブログ作成

日本でシェールオイルの生産開始!シェールオイル埋蔵量が多い国は? [ニュース]

管理人のHOGEです。


シェールオイルの商業生産を日本で初めて、

秋田県にある鮎川油ガス田で始めたとのことですが、

そもそもシェールオイルとはなんなのでしょうか?


シェールオイルとは地下の頁岩(けつがん)と呼ばれる

泥岩の層に含まれている原油の一種のことです。

これからの新しい地下資源として期待・注目されています。


昔は採掘が困難でしたが、水圧により岩盤層に亀裂を入れて

取り出す技術が開発されて生産がしやすくなったこともあり、

ますますこれからの資源として期待できそうですね!!


また、今後の資源として期待したい要因としては、

通常の原油の2倍以上もの埋蔵量が見込まれている点です。


では、その埋蔵量って世界中にどのくらいあって、

そしてシェールオイルの埋蔵量が多い国ってどこだろう?

ってことで色々調べてみました!!


まず、世界中に埋蔵量ってどのくらいあるかですが、

なんと!可採埋蔵量は合計約3450億バレルもあるそうです!!

全く想像がつきませんね。。。

1バレル=158.987295リットルなので、

345000000000×158.987295ということですが、

答えを出す必要はないくらいですねw


そして、世界のシェールオイル埋蔵量ベスト3は、

1.ロシア 758億バレル
2.アメリカ 581億バレル
3.中国 322億バレル

とのことでした!!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。