So-net無料ブログ作成

マレーシア航空の飛行機事故でブラックボックスについて進展か!? [ニュース]

管理人のHOGEです。


先月8日からから行方がわからなくなっているマレーシア航空の

飛行機事故でブラックボックスについての進展があったようです!!


マレーシア航空の飛行機が消息を絶ってから、今日(2014年4月8日)で

ちょうど30日です。


ブラックボックスの電池の寿命は通常約30日と言われています。


そして、今日がその30日目となるわけですが、どうやら進展があった

ようなのです。


ニュースによればオーストラリア西部パース沖の北西約1680キロの

インド洋でマレーシア航空のブラックボックスからと考えられる信号を捕捉

したとオーストラリア政府が発表しました!!

※捕捉(ほそく):とらえること。


信号は2回捕捉されたとのことなので、ある程度信憑性はあるのかなという感じです。

ちなみに5日にも中国の巡視船が信号を探知したと公表しているそうです。


ブラックボックスの信号を捕捉できたことは、今回のマレーシア航空の飛行機事故において

非常に進展があることですが、なんといってもブラックボックスの寿命が限界に近づいているので、

一刻も早く発見されることを心から願っています!!


こういう時こそ、世界中の国が力を合わせてスムーズな捜索ができるといいですね!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

喜多方ラーメンの「はせ川」が絶品!! [食品]

管理人のHOGEです。


喜多方の名物である「蔵馬車」が復活というニュースを拝見し、

福島県の出身で何度も喜多方を訪れた私としては、嬉しく思いました


そこで今回は喜多方について、「蔵馬車」ではないのですが、

それ以上に人気のある喜多方ラーメンについて書いていきたいと思います!!

kitakata_hasegawa.jpg
http://www.fukulabo.net/shop/shop.shtml?s=945&e=238より引用

過去に何十回と現地喜多方に訪れて、喜多方ラーメンを食してきた私は

確実にみなさんの参考になる情報をお届けできる自信があります!!



さっそくご紹介するラーメン屋さんは、すばり「はせ川」です!!!


喜多方ラーメンといえば、「坂内食堂」や「まこと食堂」、そして喜多方ラーメンの

元祖と言われている「源来軒」がメジャーで有名ですが、私のオススメは「はわ川」ですね!



もちろん、「坂内食堂」や「まこと食堂」は評判通り最高に美味しいです。


しかし私個人としましては「はわ川」が一番合うんですよね~


「はわ川」に行ったら、とりあえず王道の"醤油らーめん"です。


今はドロ系(?)だのドロドロしたスープが人気とのことですが、

そういうラーメンとは全くかけ離れています。


昔ながらのサラサラしたスープにしっかりダシの効いた"醤油らーめん"です。

そこに厚めのチャーシューが入っていて、これが実にスープ・麺と合うんですよ!!

ちなみに麺はちじれ太麺なんですが、この麺も喜多方ラーメンの特徴なんです。


ただし、個人的な意見として薄味のラーメンが好きという方には

あまりお勧めできないかなということもお伝えしておきます。



場所は喜多方の中心からけっこう離れているので、初めてですとたどり着くのが大変かもしれません。

が、まぁ今の時代カーナビ先生がいるので、その心配はないですねw

まわりは田んぼに囲まれていて、一見ふつうの家にしか見えないので余計わかりにくいかもしれないです。

でも味は本物なので、一回食べてみる価値に十分あります!!


是非、機会があれば一度訪れてみてはいかがでしょうか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランエボ生産終了が決定しプレミア価値が期待!! [ニュース]

管理人のHOGEです。


ランエボことランサーエボリューションの生産終了が決定しました。

やはり、近年人気のエコカーによって、売上が落ちたことが原因でしょうか。。。


しかし、生産終了によりプレミア価値が付く可能性がありますね!!

今まで以上にランエボの価値が上がることが期待されます!!


ランエボは三菱自動車工業が販売している2000ccハイパワーターボエンジン

持つスポーツカーで国内にとどまらず、海外でも非常に人気があり

それゆえ盗難に遭いやすいためイモビライザーが通常装備されているそうです!!


さらにイギリスではイギリスでの営業開始40周年を記念して

性能面で歴代最高レベルの「ランサー エボリューション X FQ-440 MR」を

40台限定で発売したところ、5万ポンド(日本円で約850万円)という高額にもかかわらず

わずか60分で完売したそうです!!


かなり人気があるんですね~!生産終了がもったいないくらいです!!

が、これだけの人気車が生産中止となればプレミア価値が付くのは確実ではないでしょうか?



ところで、ランエボの通常価格っていくらくらいなのでしょうか?


世代別に見てみましょう。


※価格に差があるのはグレードによる違いです。


まず、1992年~1995年発売の第1世代は、

ランサーエボリューション:2,208,000円~2,738,000円

ランサーエボリューションII:2,308,000円~2,898,000円

ランサーエボリューションIII:2,308,000円~2,898,000円



続いて、1996年~1999年発売の第2世代は

ランサーエボリューションIV:2,498,000円~2,998,000円

ランサーエボリューションV:2,598,000円~3,248,000円

ランサーエボリューションVI:2,598,000円~3,248,000円

ランサーエボリューションVI トミ・マキネンエディション:2,598,000円~3,298,000円



2001年~2006年発売の第3世代は、

ランサーエボリューションVII:2,518,000円~2,998,000円

ランサーエボリューションVII GT-A:3,300,000円

ランサーエボリューションVIII:2,518,000円~3,298,000円

ランサーエボリューションVIII MR:2,877,000円~3,567,900円

ランサーエボリューションIX:2,940,000円~3,570,000円

ランサーエボリューションワゴン:3,412,500円~3,465,000円



そして、2007年発売の第4世代は、

ランサーエボリューションX:3,150,000円~5,250,000円



とうのが、大まかな世代別のランエボの価格設定になります。

最低でも2,000,000円以上で、一番高いグレードですと5,000,000円

越えるものまであるみたいですね!!


この価格帯から推測するに生産終了によって付くプレミア価値で、

10,000,000円は普通に超えてくるでしょうね!!


生産終了になってしまったことはとても残念ですが、

それによって今まで以上に国内外で価値が上がるのであれば嬉しく思います!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

将棋 電王戦 第4局 まさかの森下九段敗れる!! [将棋]

管理人のHOGEです。


プロ棋士と将棋ソフトが対局する、電王戦の第4局が神奈川県小田原市で行われました。

20140405-00000037-asahi-000-3-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000037-asahi-ent.view-000より引用

プロ棋士1勝、将棋ソフト2勝で今回負ければプロ棋士側が負け越すという状況で向かえた

第4局でしたが、結果はプロ棋士の敗北で昨年に続きコンピュータ側が勝ち越しを決めました。


第4局はプロ棋士:森下九段将棋ソフト:ツツカナ(開発者は一丸貴則氏)の対局でした。

そして、ツツカナが135手で森下九段を破りました


前回の第3局は豊島7段が将棋ソフトに勝利し、

良いながれでの第4局を向かえ、そして確かな実力を持つ森下九段とだけあって

期待は非常に高かっただけにまさかの敗北という感じでした。



序盤は森下九段が得意とする相矢倉で好調な攻めを続けていましたが、

ツツカナの応戦もさすがコンピュータというものでした。


そして、非常に難しい形で終盤戦に突入しました。


そう、今回の電王戦では魔の終盤戦です。。。


第1局、第2局ともに序盤好調からの終盤戦でひっくり返されたからです。


今回もその嫌な予感は的中し、ツツカナが終盤に圧倒的な強さを発揮し敗戦してしまいました。


やはり、コンピュータの終盤の強さは尋常じゃないです・・・


とにかくスキが全くありませんので、終盤で1手でもミスをしたら徹底的に付け込まれ

修復不能な状態に追い込まれます。


しかし森下九段もかなり研究しただけあって、中盤までは確実に優勢な状態でした。


今回の対局で将棋ソフトと読みで勝負するのは非常に厳しいと実感しました。。。

読み以外の"感覚や勘"といった人間しか持ちえない武器を活用して対局することが、

今後コンピュータ相手には有効であり、勝利の糸口となってくるのではないでしょうか。



電王戦最終局である第5局は東京の将棋会館で行われます!!

棋士側:屋敷九段将棋ソフト:「ponanza」の対局です。

最終局、屋敷九段が「ponanza」に対してどのような将棋をさすのか楽しみです。

吉野家の鍋メニュー、「牛すき鍋膳」が絶好調!! [食品]

管理人のHOGEです。


吉野家で昨年12月から発売されている「牛すき鍋膳」が絶好調で、

2014年2月期の営業益を上方修正したとのことです!!


牛丼各社で鍋系のメニューが販売されていますが、

鍋商戦では完全に吉野家の一人勝ちといった状況ではないでしょうか??


安ければ売れるという時代は終わり、

多少値段が高くても高品質で美味しいものがヒットするようになってきました。


牛丼が1杯300円程度で販売されている中、「牛すき鍋膳」は約倍額の590円です。

でもヒットするんです!!

なぜか?
理由は単純で、高くてもお金を払う価値があるクオリティーだと消費者が判断するからです。

そういう考えの消費者がどんどん増えてきていると思います。

だから、吉野家は低価格ではなくクオリティーで勝負した「牛すき鍋膳」がヒットし成功しました



私も、そんな「牛すき鍋膳」を先日食べたのですが、確かに価格以上のクオリティーを感じましたし、

また食べたいと思ったのでリピーターも多いんだろうなと思いました。

ただ1点だけ、あと50円ほど高くてもいいんで野菜の量を増やしてくれればと感じました

今後の鍋メニューに期待です!!



ところで「牛すき鍋膳」って期間限定メニューだと思うのですが、いつまで販売しているのでしょうか?

これからどんどん暑くなっていくので鍋メニューは終わりになりそうな気もしますが、

これだけ人気があると販売期間も延長するような気がします。

是非、みなさんも一度食べてみてください!!

タグ:吉野家 鍋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

消費税8%増税による影響と暗黒の10%へ・・・ [ニュース]

管理人のHOGEです。


いよいよ、本日4月1日から消費税が増税され8%になってしまいますね。。。


たかが3%されど3%、3%の増税は厳しいですよ、安倍さん!!

さらに年末には10%引き上げの判断も迫られるとのことで、頼みますよ!!安倍さん!!


この消費税が増税され8%になったことによる影響はとても大きいです。



今まで税込1030円だった商品が増税により4月1日からは1080円になります。

1000円程度の商品ではあまり迫力がないかもしれませんが、

これが例えば車などの高額商品ならどうでしょうか。


税抜き250万円の車だったとしましょう。

今までの5%でしたら税込約262,5万円で購入できました。

しかし、8%ですと270万円です。

その差、約8万円です!!


3月中に購入しておくのと4月に入ってから購入するのでは、

わずか数日で8万円の差が発生してしまうんです!!


8万円は確かに大きいですが、増税に備えるためにと余計なものまで購入し、

結局出費がかさんだ。。。なんて事態にはならないように注意が必要ですね 笑



消費税が8%に引き上がることによる家計負担は、

年収300万円未満の世帯→年間で平均5万7529円増

年収1000万円以上の世帯→年間で平均14万2174円増


さらに消費税が10%に引き上がることによる家計負担は、

年収300万円未満の世帯→年間で平均19万1764円増

年収1000万円以上の世帯→年間で平均47万3823円増

という感じになるらしいです。。。!!

特に10%引き上げ時は悲惨な家計負担になりそうです。



とにかく、僕はこの不景気のさなか更に家計の負担を増やして景気が回復できるとは

到底思えないんですよね。。。


みなさんは、今回の8%増税の影響に関してどうお考えでしょうか??
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

プロ野球 阪神・西岡と福留が衝突事故 [野球]

管理人のHOGEです。

本日30日に行われた巨人×阪神の第3戦で心配な事故が起きました

hanshin-nishioka-hukudome.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140330-00000011-tospoweb-base.view-000より引用

事故が起きたのは2回裏の巨人の攻撃中のことです。


二死一、二塁でバッターの大竹が打った打球はライト方向に浅めのフライになりました。


そこで、セカンドの西岡とライトの福留が全力でボールの捕球に向かった際に

両者激突してしまいました。


かなり激しい衝突で、両者ともに起き上がることができずうずくまっている状況が続きました。


見た感じですと福留は腰を抑えていたので腰を強打していたのではないかと考えられます。


西岡は頭をかなり激しく打ち付けていたので脳震とう状態でした。


とても試合に戻れるような感じではなく、救急搬送されました。

ドーム内に救急車が入ってきて、西岡を乗せる直前に西岡がファンの声援に左手の拳を突き上げたのが

"これで流れを悪くしたくない"という雰囲気が伝わり、とても印象的でした。


試合は25分間中断となりました。


その後試合が再開され、結果は12対3で巨人が勝利しましたが、なんとも後味が悪い試合になりました。


福留も結局、途中交代し球場を後にしました。

両者ともに今年の阪神にとってかかせない戦力なので、大事に至らないことを願うとともに

1日でも早く復帰し活躍する姿が見れればと思っています。


ちなみに、今回の位置へのフライですと本来は西岡のテリトリー(守備範囲)であったと僕は感じました


声をしっかりかけあっていれば、このような事態にはならなかったと思うので、

改めて守備をする時の声掛けが重要であるかを痛感した試合でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

将棋 電王戦 第3局 人間側が意地の勝利!! [将棋]

管理人のHOGEです。

本日は2014年度、将棋電王戦の第3局についてです!!

shogi_dennosen_3.jpg
http://news.mynavi.jp/news/2014/03/29/103/より引用

将棋電王戦の第3局が29日に大阪の"あべのハルカス"で開催され、

ついに人間側が初勝利を収め、コンピュータ側との対戦成績を1勝2敗としました。

将棋ソフトYYSに勝利した棋士は関西若手のホープ豊島7段です!!



第1局、第2局とコンピュータ側が勝利していて、この対局で敗北すれば人間側が負け越しが

決定するという状況だったので見ている側もとても緊迫していました。


過去2局はどちらも終盤で一気に畳み掛けられるという感じでしたが、

今回の対局ではYYSの激しい攻撃に対して最後まで一歩も引かず応戦した豊島7段が

83手でYYSの粘りを振り切り勝利しました


負け越しが決まるかどうかの対局で勝利した豊島7段のメンタルの強さも圧巻でした。



この対局を見て感じたことは、

将棋においてはまだまだ人間側がコンピュータより上にいるということです。


読みの深さだけでしたら確実にコンピュータには勝てないでしょう。


しかし将棋の勝敗は読みの深さだけではなく、経験や勘・感情といった

コンピュータにない複雑な要素が必要だと思っています。


そんなことを第3局を見て感じました。


おそらく日本のトップ棋士である羽生さん渡辺さん森内さんには現段階で

絶対に勝てないと思います。


といっても、近い将来コンピュータがそのウィークポイントを補完してくる可能性は十分あります。

その時、人間の頭脳がどこまで応戦できるかが電王戦の最大の見どころになるのではないでしょうか。



第4局は森下9段(人間側) ツツカナ(コンピュータ側)の対局が

4月5日に神奈川県の小田原城で行われます。


これからどんどんハイレベルな戦いになってくると思うので楽しみです!!


※将棋電王戦とは現役のプロ棋士5人と5つの将棋ソフトが団体戦形式で戦う大会のことです。

プロ野球 ヤクルトの西浦が開幕戦で史上初の快挙!! [野球]

管理人のHOGEです。

プロ野球がいよいよ開幕しましたねー!!



今回は開幕戦の横浜DeNA×東京ヤクルトで大活躍した

東京ヤクルトのルーキー西浦選手をピックアップして見ていきたいと思います。



まずは、試合の結果から振り返っていきたいと思います!!


初回にDeNAの先発・三嶋から、ミレッジのタイムリーを皮切りに一挙7点をもぎ取ると

2回には川端のタイムリーでさらに2点を追加しました。

その後はヤクルト先発の小川が6回1失点と好投し、その後は石山→八木→山本のリレー

でDeNA打線をピシャリと抑え、開幕戦を見事 9-1 で勝利で飾りました!!




そして今回注目したいのが、初回の7得点中スリーランで3得点を挙げた

ルーキーの西浦選手です!!


なんと、西浦選手はプロ通算1年で去年、法大からドラフト2位で入った選手なんです。

パワーのある打撃に加え50メートル6秒0の俊足を持ち、走攻守3拍子揃った内野手です。

遊撃手として宮本の後継者として期待がかかっています。



そんな西浦選手が開幕戦でプロ初打席初本塁打という偉業をやってのけました。

開幕戦にプロ初打席で初球ホームランは史上初とのことです!!!


「体が勝手に反応した」とのコメントにもバッティングにおける天性の才能が感じられます!

ルーキーにしてあのおもいっきりのよいスイングは、何度VTRを見返しても気持ちが良いですね。


ヤクルトが上位争いに食い込むためには西浦選手の活躍がかかせなくなりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

硫黄島にて新たに遺骨発見 遺骨収集 [ニュース]

管理人のHOGEです。

今回は、硫黄島の遺骨収集について書いていきたいと思います。


まず、硫黄島とは現在は海上・航空自衛隊の基地がある島ですが、

昔は太平洋戦争での激戦地として知られている場所ですね。


そう、激戦地だったんです。


ということは、、、現在多くの遺骨が埋まっているということです。


そこで、防衛相が地中探査レーダー調査をしたところ、

旧日本兵の遺骨が埋まっている可能性がある場所を1559カ所も発見したそうです。


これは新たに発見した場所の数なので、過去にはもっと発見されていたということです!!


しかし、硫黄島での戦没者は2万数千人といわれていて、

現在もまだ1万以上の遺骨が地下に埋もれているという状況です。


この数字だけでいかに硫黄島での戦いが凄まじいものであったかがわかりますね。



そして、現時点で帰還した遺骨は1万弱程度とのことで、残りの遺骨を帰還させるために

掘削・収集が課題とされているわけですが、そこには掘削作業員の確保

無数の不発弾への対処有毒な硫黄ガスへの対処など数々の困難があり、

作業に多大な影響を及ぼしているというのが収集作業の現状です。


しかし、遺骨収集のための予算として1億円以上計上されたり、

政府による特命チームが設置されたりと収集作業も良い方向に向かっているのも事実です。



1日でも早く、本土へ帰還されることを願っております。



ちなみに今回の防衛相による地中探査レーダー調査は2014年~2018年までの4年間行うそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。